特殊鍼灸専門鍼灸師・アダルトチルドレン、共依存カウンセラー 山下伸一郎のブログ!

りゅうはい堂鍼灸院の侑慶(ゆうけい)と申します。アダルトチルドレン(以下AC)とは、アメリカで生まれた言葉で依存症の方がいる家庭(機能不全家族)で育った方のことを指します。日本では依存症の方が身近にいなくても親や兄弟、世間体などの影響からACになります。自分らしくというより周りに合わせて生きることで自由が奪われその結果肉体に症状が現れることがあります。鍼灸院である当院には肩こり腰痛でお越しになっても、背後にそういった問題が隠れていることが少なくありません。

骨折したらボケちゃった?!その東洋医学的考察

『ウチのおばあちゃん

転んで骨折して

入院したら

ボケちゃってね・・・』


なんて聞いたことありませんか?


これ

入院して

 

他人との接触や

自分で自立した行動が

減ることで

刺激がなくなることも

一因かも

しれませんが

伝統医学では

違った見方ができるのです。

 

 先の記事で

ryuhaido.hatenadiary.com

 

骨をいじると

命が縮まると

書きました。

 

骨を骨折し

それを再生するエネルギーと

脳を栄養する

エネルギーは

実は一緒なのです。

私たちは

それを

『腎』のエネルギー

とか

腎精』(じんせい)

とか

『腎陰』(じんいん)

とか

言います。

陰陽五行説でいうところの

いちばん深いところのエネルギーです。

腰回りや

下腹部などに多くあります。


ここの

エネルギーを使って

身体が

骨を治した結果

脳を栄養する

エネルギーが

無くなったと

考えることは

できないでしょうか。


僕も

両橈骨(前腕の骨)

右腓骨(むこうずねの骨)

両足の小指

をそれぞれ骨折していますので

その分

大本のエネルギーは

減っていると

考えられますね