特殊鍼灸専門鍼灸師・アダルトチルドレン、共依存カウンセラー 山下伸一郎のブログ!

りゅうはい堂鍼灸院の侑慶(ゆうけい)と申します。アダルトチルドレン(以下AC)とは、アメリカで生まれた言葉で依存症の方がいる家庭(機能不全家族)で育った方のことを指します。日本では依存症の方が身近にいなくても親や兄弟、世間体などの影響からACになります。自分らしくというより周りに合わせて生きることで自由が奪われその結果肉体に症状が現れることがあります。鍼灸院である当院には肩こり腰痛でお越しになっても、背後にそういった問題が隠れていることが少なくありません。

妄信と信頼の違いとは?鍼灸師との上手な付き合い方とは

専門家の言うことを妄信することは

 

自分の責任を丸投げすることになります。

 

鍼灸治療においては

 

身体の責任は

 

患者さんにあります。

 

簡単にいうと

 

治療をして

 

悪化しても

 

それは患者さんが

 

苦しむのです。

 

もっとも

 

治療で

 

悪化することは

 

当院では今のところ

 

報告はありませんけれども(;´・ω・)

 

よく

 

『わからないんで

 

お任せします』

 

こんな風に言う方がいます。

 

また

 

『自分がどんな薬を

 

飲んでいるか

 

知らない』

 

その薬を飲んで

 

薬害があったら

 

苦しむのは

 

ご本人です。

 

お灸が

 

あついなーと

 

思っても

 

まぁ先生がいるし

 

大丈夫か!と

 

思っても

 

やけどをするのは

 

患者さんです。

 

(ほぼありませんが)

 

なぜ

 

そのツボに

 

鍼をするのか

 

お灸をするのか

 

いま

 

施術者が

 

何を考えて

 

あなたの身体を

 

触らせてもらっているのか

 

それを理解することは

 

なにより

 

ご自身の為なんです。

 

そう思ったのは

 

本日お越しになった方との

 

お話のなかで

 

『いやー整体師を信じて

 

通ってたんですけど

 

その整体師さんが

 

糖質をカットすれば

 

症状がよくなるって

 

言ったから

 

やってみたけど

 

そんない変わらなかったんだ

 

信じて相当通ったんだけどね』

 

と。

 

それに続けて

 

こうおっしゃいました。

 

『先生のこと

 

信じています!』と。

 

私はこういいました

 

『あのね

 

私が本当のことを

 

どうして言っていると

 

思いますか?

 

嘘だって言えるんですよ

 

適当な知識で

 

あなたのことを

 

適当にいうこともできるんです。

 

でも私は

 

わかんないことは

 

わからないと言います。

 

ミスったら

 

ミスしたと言います。

 

でも

 

妄信はやめてください。

 

ちゃんと

 

理解して

 

自分で調べて

 

それが良さそうだったら

 

信じてください』

 

と。

 

私は

 

私の命の時間を使って

 

患者さんをお迎えしています。

 

その時間を

 

適当なことで

 

埋めたりしたら

 

私の人生が

 

適当に

 

なってしまいます

(そんな大そうな人生で

無いけどw)

 

だから

 

信頼してくださるのは

 

うれしいけど

 

妄信は

 

こっちも困ります。

 

ちゃんと

 

理解したうえで

 

行動する。

 

これって

 

人生そのもの

 

だと思うんです。

 

ちゃんと

 

情報収集して

 

直観磨いて

 

スケジュール管理して

 

相手を見極めて

 

そのうえで

 

初めて

 

行動ができると思うんですね。

 

だから

 

ぜひ

 

妄信せず

 

鍼灸治療を

 

一緒に

 

深めさせてもらいたいと

 

思います。