特殊鍼灸専門鍼灸師・アダルトチルドレン、共依存カウンセラー 山下伸一郎のブログ!

りゅうはい堂鍼灸院の侑慶(ゆうけい)と申します。アダルトチルドレン(以下AC)とは、アメリカで生まれた言葉で依存症の方がいる家庭(機能不全家族)で育った方のことを指します。日本では依存症の方が身近にいなくても親や兄弟、世間体などの影響からACになります。自分らしくというより周りに合わせて生きることで自由が奪われその結果肉体に症状が現れることがあります。鍼灸院である当院には肩こり腰痛でお越しになっても、背後にそういった問題が隠れていることが少なくありません。

肩書なんぞ何個でもいい、なんなら知識やスキルが無くたっていい

知識や経験がないと

 

自営業はできないと思っていませんか?

 

先日の患者さんとのお話で

 

「月に20万円稼ぎたい」という主婦の方。

 

今も在宅でお仕事をしていますが

 

身体はボロボロです。

 

大本のエネルギーを確認する場所である

 

丹田(たんでん)は

 

押すとスカスカして

 

弾力がありません。

 

下腹部にあります。

 

命を削ってまで

 

20万円を稼ぐということ

 

私は身体が1番大切だと思いますので

 

こんなご提案をしました。

 

1時間5000円の単価で

 

開業してはどうですか?と。

 

そうすると

 

「私は先生のように知識もスキルもない」

 

とおっしゃいました。

 

いやいや

 

知識やスキルがある方だけが

 

開業しているわけではありません。

 

フリーランスの方で

 

出会う方の多くに思うこと

 

「あ、それくらいの知識、スキルで開業して

 

生活が成り立っているんだ・・」

 

時間というのは

 

全員が共通して持つ財産です。

 

自分の限りある命

 

それを相手に切り売りするわけです。

 

自分の時間の価値は自分で決めよう。

 

それが1時間5000円でも良いわけです。

 

1時間10000円でも良いわけです。

 

自分の命の時間が安いか高いか

 

それを決めるのは

 

自分ではありません。

 

お金を払う相手が決めることです。

 

世の中には困った人が多くいます。

 

隙間産業という言葉があるように

 

困ったことに対する解決に人はお金を支払います。

 

自分自身が困った経験への

 

知識、解決策がもしかしたら

 

他人様にとっては

 

5000円の価値があることかもしれません。

 

同じサービスだったとしても

 

あなただからお金を払いたいんだと

 

思ってくれるかもしれません。

 

あなたにはわからないかもしれないけど

 

その価値がありますよ。

 

極端な話

 

膝枕して絵本を読んであげるだけで

 

良いかもしれませんよ。

 

もっとも

 

自分がやりたいことではないと

 

続かないし

 

やる気も起きませんが(^_^;)

 

どこかに雇われて

 

給料をもらうのは

 

賃金は少ないです。

 

自営業なら

 

やった分だけ自分の給料です。

 

自分の命の時間として

 

仕事を考えてみてください。

 

きっとなにかヒントがありますよ