特殊鍼灸専門鍼灸師・アダルトチルドレン、共依存カウンセラー 山下伸一郎のブログ!

りゅうはい堂鍼灸院の侑慶(ゆうけい)と申します。アダルトチルドレン(以下AC)とは、アメリカで生まれた言葉で依存症の方がいる家庭(機能不全家族)で育った方のことを指します。日本では依存症の方が身近にいなくても親や兄弟、世間体などの影響からACになります。自分らしくというより周りに合わせて生きることで自由が奪われその結果肉体に症状が現れることがあります。鍼灸院である当院には肩こり腰痛でお越しになっても、背後にそういった問題が隠れていることが少なくありません。

人生はいつが当日かわからない期末試験みたい

 

ある日突然その日はやってくる。

 

学生ときの

 

テスト勉強はいつも

 

一夜漬けで

 

受かればいいや・・・

 

くらいの気持ちで受けていました。

 

受からないものもありました。

 

人生においては

 

期末試験はありません。

 

ただ、勉強できる期間は決まっているようです。

 

ある日突然その日はやってきますので

 

毎日毎日コツコツと

 

勉強する必要があります。

 

ここでいう勉強というのは

 

試験範囲も決まっていません。

 

点数も出ません。

 

成績には関係ありません。

 

関係あるのは

 

自分の人生における

 

達成度合い。

 

やり切った感。

 

知識、経験の深さには

 

キリがありません。

 

勉強しても勉強しても

 

まだ足りない。

 

全然たりません。

 

だからこそ逆に

 

飽きない。

 

やり切ったと思ったとしたら

 

それは西遊記

 

お釈迦様の手の中のこと。

 

決して終わりはありません。

 

その代り

 

自分のやりたい勉強だけやることが

 

できます。

 

自分に必要とおもうこと。

 

ここでいつも

 

私が気を付けるのは

 

楽しいかどうか。

 

やりたいと思っていても

 

やることで

 

自分を満足させるための勉強は

 

いつも気が乗りません。

 

ただし

 

子どものように

 

没頭して

 

寝食を忘れて

 

取り組めるものに限ります。

 

必ず

 

いろいろな寄り道を

 

誘惑されますが

 

大きな目標に向かって進むのみ。

 

時には休んでもいいけど

 

休んだら

 

その分がんばっていきます。

 

人生は

 

かならず終わる。

 

だからこそ

 

余力を残さないで

 

毎日全力!

 

その日はいつ来るかわかりませんから。