特殊鍼灸専門鍼灸師・アダルトチルドレン、共依存カウンセラー 山下伸一郎のブログ!

りゅうはい堂鍼灸院の侑慶(ゆうけい)と申します。アダルトチルドレン(以下AC)とは、アメリカで生まれた言葉で依存症の方がいる家庭(機能不全家族)で育った方のことを指します。日本では依存症の方が身近にいなくても親や兄弟、世間体などの影響からACになります。自分らしくというより周りに合わせて生きることで自由が奪われその結果肉体に症状が現れることがあります。鍼灸院である当院には肩こり腰痛でお越しになっても、背後にそういった問題が隠れていることが少なくありません。

迷うだけの知識

それがないと

 

自前の知識の中で

 

こじつけてしまう。

 

自前の知識には

 

限界があるので

 

絶えず新しい知識を入れていく

 

必要があります。

 

こじつけた時には

 

まったく違う出来事なのに

 

同じ反応、対応をしてしまったり

 

そうすると

 

結果も似たようなものになる。

 

だから

 

いつも代わり映えしない。

 

結果を変えたいのならば

 

こちらの行動を変える必要があります。

 

行動が変われば結果が変わる。

 

ただし

 

結果があまり変化しない場合には

 

行動の変化幅が足りないか

 

行動以外の要因が考えられます。

 

行動を変えるためには

 

自分の知識に

 

選択肢が必要です。

 

選択肢があればあるほど

 

自分の行動に幅がでます。

 

私は

 

『自信がありそう』と

 

よく言われます。

 

迷わないのではなく

 

『迷うだけの知識』が

 

無いのです。

 

前は

 

自分の無知さを知ることが怖かったから

 

知らないと

 

言うことができませんでした。

 

でも

 

いまは

 

知らないことは恥ずかしくないと

 

思っています。

 

知らないことを

 

相手に教えてもらう勇気。

 

信頼。

 

知らないことを

 

責めない。

 

どんどん知識を吸収して

 

どんどん幅を広げたいと

 

思います。