特殊鍼灸専門鍼灸師・アダルトチルドレン、共依存カウンセラー 山下伸一郎のブログ!

りゅうはい堂鍼灸院の侑慶(ゆうけい)と申します。アダルトチルドレン(以下AC)とは、アメリカで生まれた言葉で依存症の方がいる家庭(機能不全家族)で育った方のことを指します。日本では依存症の方が身近にいなくても親や兄弟、世間体などの影響からACになります。自分らしくというより周りに合わせて生きることで自由が奪われその結果肉体に症状が現れることがあります。鍼灸院である当院には肩こり腰痛でお越しになっても、背後にそういった問題が隠れていることが少なくありません。

今がいつまでも続けばいいのに・・・。物事は変化するので

いつまでも親の前では

 

やはり子どもである。

 

なんとなくわがままを言ったり

 

昔はそれがわがままなのだとも

 

気付かずに。

 

親もいつかは亡くなる。

 

それは

 

わたしより早いのか

 

私の方が早いのか。

 

それはわかりませんが

 

今というこの瞬間は

 

いつまで続くのかわかりません。

 

たとえこの先困難なことがあっても

 

自分は親の子。

 

親から生まれたことには

 

いつまで変わりは無い。

 

親がいたから

 

自分がいるわけで。

 

親はいつまでもいないんだよなぁ

 

最近よく思います。

 

母の母、私の母方の祖母は

 

急に亡くなりました。

 

その時私は

 

介護士として

 

老健で働いていました。

 

あるときに

 

ロッカーにおいてある携帯電話をみると

 

母からの不在着信が数件ありました。

 

そのような着信件数は見たことがなかったので

 

ただ事ではないと踏んで

 

電話を折り返しました。

 

すると

 

取り乱した母が

 

『おばあちゃんが死んじゃったの!!!』

 

と何度か言い

 

私自身もどうしていいのか

 

わかりませんでした。

 

その前日は

 

私は仕事が休みで

 

祖母に会いに行こうかと

 

考えていましたが

 

疲れていたので

 

会いに行きませんでした。

 

そして翌日亡くなりました。

 

あれほど取り乱した母は

 

見た(聞いた?)ことは

 

ありませんでしたし

 

それだけ

 

母にとっては

 

大きな出来事であったのだと

 

今でもよく覚えています。

 

両親がなくなるということ

 

自分を産んで

 

育ててくれた両親

 

理不尽なこともあったけど

 

産み、育ててくれた

 

恩と比べれば

 

どれも小さいことです。

 

両親への感謝は

 

悔いを残さずに

 

伝えたいものです。

 

それh

 

両親を徹底的に

 

恨んだからこそ

 

今の自分の心境になったのだと思います。

 

飽きるまで

 

行うことも大切だと

 

気付けてよかったです。

 

人生は

 

一度きり

 

限られた時間を

 

有効に

 

生きたいものです

 

 

特殊鍼灸専門鍼灸

JR関内駅北口徒歩5分

地下鉄関内駅9番出口より徒歩2分

馬車道駅5番出口徒歩5分

www.ryuhaido.com


 

AC,共依存カウンセリング

~90分15000円

 

インナーチャイルドカードセッション

~90分15000円