特殊鍼灸専門鍼灸師・アダルトチルドレン、共依存カウンセラー 山下伸一郎のブログ!

りゅうはい堂鍼灸院の侑慶(ゆうけい)と申します。アダルトチルドレン(以下AC)とは、アメリカで生まれた言葉で依存症の方がいる家庭(機能不全家族)で育った方のことを指します。日本では依存症の方が身近にいなくても親や兄弟、世間体などの影響からACになります。自分らしくというより周りに合わせて生きることで自由が奪われその結果肉体に症状が現れることがあります。鍼灸院である当院には肩こり腰痛でお越しになっても、背後にそういった問題が隠れていることが少なくありません。

こだわりは、相手の労力(負担)を生む。おれの『こう』

他人と共存する場合において

 

自分のこだわりは

 

相手の負担を生みます。

 

それは

 

『こうに決まっている』

 

ことは

 

相手の『こう』には

 

当てはまらないためです。

 

あくまで私の『こう』であって

 

相手に自分の『こう』を求めたら

 

相手はそれに応えないといけません。

 

相手をコントロールすることになります。

 

相手が『こう』に応えないと

 

人によっては

 

不機嫌になったり

 

その応えなかった行動を批判したり

 

人によっては何も言わずに去ったり

 

なんらかの行動を起こします。

 

それはなんでかということになります。

 

応えてくれなくて

 

傷ついてしまったのです。

 

私の『こう』を求める人は

 

一応相手を選んで『こう』を押し付けます。

 

『こう』を認めてくれない人には

 

求めないし

 

そもそも付き合わないかもしれません。

 

一応選んで『こう』を求めてみたら

 

自分の思っていたのと違う反応が返ってきたときに

 

その相手に失望します。

 

勝手に求めて

 

勝手に失望します。

 

相手のことを考える余裕などないわけです。

 

もっとも

 

求められた相手も

 

相手の『こう』に応える余力がなかっただけかも

 

しれないのに。

 

『こう』はその方の常識であって

 

みんなの常識ではないんです。

 

『こう』してうまくできても

 

次に『こう』してうまくいく

 

かもしれないけど

 

うまくいかないかもしれません。

 

それは相手のあることですからね。

 

自分が『こう』したら

 

『そう』なるかもしれないけど

 

ならなかったときは

 

許してあげたいものです。

 

自分自身が

 

相手の『こう』に応えられるか

 

わからないわけですから

 

 

特殊鍼灸専門鍼灸

JR関内駅北口徒歩5分

地下鉄関内駅9番出口より徒歩2分

馬車道駅5番出口徒歩5分

www.ryuhaido.com


 

AC,共依存カウンセリング

~90分15000円

 

インナーチャイルドカードセッション

~90分15000円