特殊鍼灸専門鍼灸師・アダルトチルドレン、共依存カウンセラー 山下伸一郎のブログ!

りゅうはい堂鍼灸院の侑慶(ゆうけい)と申します。アダルトチルドレン(以下AC)とは、アメリカで生まれた言葉で依存症の方がいる家庭(機能不全家族)で育った方のことを指します。日本では依存症の方が身近にいなくても親や兄弟、世間体などの影響からACになります。自分らしくというより周りに合わせて生きることで自由が奪われその結果肉体に症状が現れることがあります。鍼灸院である当院には肩こり腰痛でお越しになっても、背後にそういった問題が隠れていることが少なくありません。

買い物しすぎるのを止めるコツ

まず

 

買うことによって得るものが何かを

 

知ることがスタートです。

 

私の場合

 

アマゾンでよく買い物をしてしまいます。

 

書籍が多いですね。

 

書籍は

 

情報です。

 

多くの場合

 

わたしに必要と思われる情報。

 

今の私に足りない情報

 

今の私に足す必要がある情報

 

足すことで

 

私は更により良い状態となる

 

『かも』しれません。

 

この時に

 

本当に必要な情報

 

たとえば

 

明日テストであるとか

 

確定申告に必要な知識とか

 

早急に対応しなければならない

 

事態に対する情報であれば

 

確実に対応できます。

 

ただし

 

前提が大切になります。

 

『今の自分ではダメだから

 

さらに良くなる必要がある』

 

前提として

 

自分を否定したり

 

自分に自信がなかったり

 

それが購入する動機であれば

 

その買ったものは

 

『余ります』

 

本であれば

 

読まずに買って満足

 

食べ物であれば

 

食べるタイミングを逸し

 

ゴミになります。

 

洋服であれば

 

袖を通すことはないでしょう。

 

思い当たることはありませんか?

 

購入することで

 

何を得ようとするのか

 

考えてみると

 

買う必要がなくなります。

 

時として

 

買ってしまうかもしれません。

 

でも

 

そんな自分を責めても

 

解決にはなりません。

 

なぜ買ったのか

 

買うことで何を得たのか

 

それを追及することが

 

必要になります。

 

そういったカウンセリングもしています。

 

もっとも

 

積読は得意ですが(笑)