特殊鍼灸専門鍼灸師・アダルトチルドレン、共依存カウンセラー 山下伸一郎のブログ!

りゅうはい堂鍼灸院の侑慶(ゆうけい)と申します。アダルトチルドレン(以下AC)とは、アメリカで生まれた言葉で依存症の方がいる家庭(機能不全家族)で育った方のことを指します。日本では依存症の方が身近にいなくても親や兄弟、世間体などの影響からACになります。自分らしくというより周りに合わせて生きることで自由が奪われその結果肉体に症状が現れることがあります。鍼灸院である当院には肩こり腰痛でお越しになっても、背後にそういった問題が隠れていることが少なくありません。

完ぺき主義の始まり

それは必ず

 

失敗によって傷ついたところから始まります。

 

『もっとがんばらなきゃ』

 

『がんばれば頑張った分だけうまくいく』

 

失敗した行動を

 

もう一度したいと思いますか?

 

思う方もいらっしゃると思いますが

 

ほとんどの方は

 

『二度とゴメン』ではないでしょうか。

 

もちろん逆に

 

結果がよかったことは

 

もう一度同じことをしてみようと

 

いう経験をしたことがありませんでしょうか?

 

 

その痛みを感じた行動は

 

自分の行動において

 

制限がかかります。

 

だって

 

二度とゴメンですから

 

痛くないように行動を選択する

 

ようになります。

 

制限は、その方独自のものとなりますので

 

マイルールと私は呼んでいます。

 

マイルールが多い方に

 

職場やその他の場所で出会ったことはありませんか?

 

マイルールが多い方は

 

実は

 

これまでに傷ついたり

 

痛い目を見た方なのです。

 

そのマイルールが理解できない場合には

 

非常に不快な思いをしてしまいますが

 

その際には

 

なぜその方がその行動をしているのか

 

そういう風に考えてみてください。

 

もし

 

不快に思う感情があれば

 

その相手のマイルールが

 

おそらく自分の関心があることなのです。

 

たとえば

 

自分が大切にしていることを

 

その相手のマイルールの中では

 

大切にされていないとか

 

たとえば

 

自分が気を付けていることを

 

相手が同じようにしてくれないとか

 

かならず

 

『気に食わない』ことが

 

含まれています。

 

その答えは残念ながら?

 

自分の中にあります。

 

逆に

 

自分が気にしていないことや

 

関心が薄いことは

 

相手のマイルールがあったとしても

 

気になりません。

 

もっとも

 

相手に影響されない

 

自分を見つけることができれば

 

相手のマイルールに対して

 

慈しみをもって

 

接することができます。

 

人間関係を円滑にできるかもしれません。

 

あと

 

よくわからないけど

 

嫌われてしまった場合などは

 

マイルールの競合かもしれませんので

 

それは気にしない方がいいです!

 

『あら、ごめんなさいね(笑)』程度に

 

しておくとよいです。