特殊鍼灸専門鍼灸師・アダルトチルドレン、共依存カウンセラー 山下伸一郎のブログ!

りゅうはい堂鍼灸院の侑慶(ゆうけい)と申します。アダルトチルドレン(以下AC)とは、アメリカで生まれた言葉で依存症の方がいる家庭(機能不全家族)で育った方のことを指します。日本では依存症の方が身近にいなくても親や兄弟、世間体などの影響からACになります。自分らしくというより周りに合わせて生きることで自由が奪われその結果肉体に症状が現れることがあります。鍼灸院である当院には肩こり腰痛でお越しになっても、背後にそういった問題が隠れていることが少なくありません。

それは弱さじゃない、がんばれないのはその理由があるから

がんばれない代わりに

 

何をしていますか?

 

頑張っていることに

 

かけた時間と

 

サボった時間と

 

同じ30分だとしたら

 

何をしていましたか?

 

そのサボった30分は

 

必要なことではありませんでしたか?

 

その30分で

 

ご自身が何を得たかです。

 

その熱中した何かで

 

何かを得ています。

 

食べ過ぎてしまった場合

 

食べることによって

 

何を得ましたか?

 

食べることは気持ちいいですか?

 

おいしい食べ物は好きですか?

 

食べ物に好みはありますか?

 

なんでも食べ過ぎてしまいますか?

 

食べるときによく噛むようにしていますか?

 

食べるときによく噛まず飲み込んでいませんか?

 

食べ物にこだわりがありますか?

 

などなど

 

食べ過ぎることに

 

着目して

 

質問をしていくと

 

だんだんと食べ過ぎることが

 

どういうことか

 

わかっていきます。

 

食べ過ぎて

 

自分を責める前に

 

なぜ、食べ過ぎるのか?

 

食べることで何を得ているのか?

 

何かがあった後に

 

おそらく食べ過ぎていると思います。

 

何かがあった後に

 

自動的に

 

食べ過ぎるのを

 

一瞬だけ待ってもらって

 

その時に

 

なぜ食べるのか

 

身体に聴いてみてください。

 

その何かがあってから食べるまでの

 

自動化がストップできれば

 

食べ好きることは

 

制御できます。

 

ただ、気合で

 

「もう食べない!」と

 

決めて

 

買ってしまったお菓子を

 

捨てても

 

また買ってきてしまいます。

 

そんな経験ありませんか?

 

責めてもなにも変わりません。