特殊鍼灸専門鍼灸師・アダルトチルドレン、共依存カウンセラー 山下伸一郎のブログ!

りゅうはい堂鍼灸院の侑慶(ゆうけい)と申します。アダルトチルドレン(以下AC)とは、アメリカで生まれた言葉で依存症の方がいる家庭(機能不全家族)で育った方のことを指します。日本では依存症の方が身近にいなくても親や兄弟、世間体などの影響からACになります。自分らしくというより周りに合わせて生きることで自由が奪われその結果肉体に症状が現れることがあります。鍼灸院である当院には肩こり腰痛でお越しになっても、背後にそういった問題が隠れていることが少なくありません。

猫背の治し方!ただ姿勢を正すだけでは治らない根拠と対策

※患者様の許可を経て画像を加工した上で使用しております。

 

姿勢が悪いのはなぜでしょうか?

 

まず次の2枚の画像をみてください。

 

アゴの位置に注目してください。

1枚目

f:id:ryuhaido:20180315224525j:image

2枚目

f:id:ryuhaido:20180315224519j:image

 

1枚目と2枚目は

 

どちらの方が首を後屈できていると

(いわゆる上を向く動作)

 

思いますか?

 

2枚目の方が

 

アゴが上を向いています。

 

ということは

 

2枚めのほうが

 

首の後屈(後ろに倒す)ができている

 

ことになります。

 

実際1番驚かれているのは

 

この御本人さんです。

 

だって

 

見える景色がちがうのと

 

自分が思うより

 

上を向けるのですから(^o^)

 

いわゆる

 

猫背はなぜ起こるのでしょうか?

 

また

 

猫背であると

 

どういった弊害が起こるでしょうか?

 

猫背とは

 

イスなどに座った状態で

 

だらーんとだらしなく

 

背中が丸まった姿勢を指します。

 

ただ単純に

 

だらーんとしてみてください。

 

背すじ(背中)をだらーんと丸めてみると

 

本来であれば

 

目線は下を向きます。

 

でも

 

生活の中で

 

下を向きながら生活しているひとは

 

あまり見かけません。

 

みんな目線は前を向いています。

 

猫背の人は

 

通常の状態で

 

首の後屈をしていることになります。

 

ちょっと分かりづらいと思いますので

 

もう一度

 

まずイスに座り

 

背筋をぴーんと伸ばします。

 

そうすると

 

目線はまっすぐ前を向くことができますね。

 

次にイスに座ったまま

 

背すじをだらーんと

 

だらしなく丸めてみてください。

 

そうすると

 

目線はどこに行きますか?

 

真正面は見えないはずです。

 

下を向くことになります。

 

次に

 

背中をだらーんとしたまま

 

真正面をみてください。

 

見えましたね?

 

そのときに

 

首をどうやって動かしましたか?

 

後ろに倒しませんでしたか?

 

そうなんです。

 

猫背の状態で前を向くということは

 

首を後屈していることになるのです!

 

今度は

 

さっきの続きで

 

だらーんとしたまま

 

前を向きます。

 

ダラーンとして

 

目線は正面を向いて

 

次に

 

 

首の角度を変えないで

 

背中を丸めることをやめて

 

背すじだけを伸ばしてみてください。

 

首の角度は変えないでくださいよ!

 

背すじだけを伸ばすのです。

 

首の角度は変えないままです!

 

そうすると

 

今度は上を向いて(首が後屈している)

 

しまいませんか?

 

天井方面が見えませんか?

 

ここで気がついてほしいことがあります。

 

猫背の状態で

 

前を向くということは

 

背すじを伸ばした状態でいうところの

 

首を後屈し続けていること

 

になります。

 

たとえば

 

ずっと天井を向いて

 

作業してみてください。

 

首がめっちゃきついですよね。

 

首が痛くなってきます。

 

首がいたいと

 

首に鍼をすれば良くなると

 

思うかもしれません。

 

それだけでは

 

効果を実感してもらうことは

 

難しいです。

 

猫背の姿勢の方の

 

首の痛みは

 

首にだけ鍼をしても

 

症状は変わりません。

 

なんでかというと

 

さっきやっていただいた

 

動作に答えがあります。

 

背すじを丸めて

 

だらーんとしてみると

 

最初目線は下を向いてしまいます。

 

こんどは

 

目線を前に向くと

 

首は後屈しています。

 

これはさっきご説明しました。

 

その状態から

 

天井を見ることはできますか?

 

おそらく向きづらいです。

 

だとしたらどうするか。

 

背すじを伸ばすのです。

 

背すじを伸ばすと

 

首の可動域が

(かどういき:動く範囲)

 

広がります。

 

そうなんです。

 

これが答えなんです。

 

デスクワークなどで

 

背すじが丸まってきたとき

 

「いけないいけない!」と

 

思って背すじを伸ばしても

 

またすぐにもとの

 

だら~んに戻ってしまいますね。

 

これには理由があるのです。

 

その理由は別のお話で!

 

猫背は

 

肩関節などにも異常が出るのですが

(五十肩とか)

 

それもまた別のお話。

 

最後の画像は

 

治療を終えて

 

起き上がってもらった状態。

 

背中がぴーんとしていますね。

 

これが答えです。

 

 

f:id:ryuhaido:20180315224512j:image

横浜・関内・馬車道鍼灸

【りゅうはい堂鍼灸院】

 

〒231-0014 神奈川県横浜市中区常盤町5−69−1

ST馬車道ビル501

045−264−9161

www.ryuhaido.com