特殊鍼灸専門鍼灸師・アダルトチルドレン、共依存カウンセラー 山下伸一郎のブログ!

りゅうはい堂鍼灸院の侑慶(ゆうけい)と申します。アダルトチルドレン(以下AC)とは、アメリカで生まれた言葉で依存症の方がいる家庭(機能不全家族)で育った方のことを指します。日本では依存症の方が身近にいなくても親や兄弟、世間体などの影響からACになります。自分らしくというより周りに合わせて生きることで自由が奪われその結果肉体に症状が現れることがあります。鍼灸院である当院には肩こり腰痛でお越しになっても、背後にそういった問題が隠れていることが少なくありません。

変化を自分で制限しない:身体に、相手に任せる勇気

身体は、治療は

 

自分の思い通りには

 

なりません( ;´Д`)

 

結果が全てなのです。

 

ここでいう結果とは

 

望んだ結果のことではありません。

 

望んだ結果が出ることもありますし

 

望まない結果が出ることもあります。

 

望むこと、望まないこと。その違いは

 

自分の都合、思いです。

 

身体は自分の都合で変わりますか?

 

身体は勝手に動いてくれます。

 

あなたは心臓を動かせますか?

 

動かせませんよね^ - ^

 

治療を受けるとこうなるはずだ!

 

こうなるとは

 

自分の思いではありませんか?

 

そこに理論の根拠がありますか?

 

回復するためにも理論的な根拠が必要です。

 

こんな風に変わる!変われ!と思っても

 

こんな風に「しか」変わらないかもしれないし

 

こんなに変わった!と驚くかもしれませんし

 

結果はわからないのです。

 

でも

 

その結果を自分で決めてしまったらどうでしょう?

 

自分の価値観を超えることはできませんね。

 

その価値観の外側に行くためにはどうするか?

 

変化に身を委ねるのです。

 

変化を信頼してそのまま待つのです。

 

変化を信頼する勇気を持つのです。

 

変化を自分で良いとか悪いとか決めないことです。

 

今日は晴れですか?雨ですか?

 

それはどちらでもいいことです。

 

晴れも雨も必要です。

 

こうなりたいのではなく

 

「今こう」なんです。

 

今こう、を受け入れて

 

それを大切にする。

 

今こうはもしかしたら最良の状態かもしれませんよ。

 

もっともっと良くなりたいとせずに

 

今もきっと素晴らしいです。

 

そう思ったら

 

楽しくなってきますよ!

 

楽しいことだけやりましょう。

 

そして結果も受け入れましょうね