特殊鍼灸専門鍼灸師・アダルトチルドレン、共依存カウンセラー 山下伸一郎のブログ!

りゅうはい堂鍼灸院の侑慶(ゆうけい)と申します。アダルトチルドレン(以下AC)とは、アメリカで生まれた言葉で依存症の方がいる家庭(機能不全家族)で育った方のことを指します。日本では依存症の方が身近にいなくても親や兄弟、世間体などの影響からACになります。自分らしくというより周りに合わせて生きることで自由が奪われその結果肉体に症状が現れることがあります。鍼灸院である当院には肩こり腰痛でお越しになっても、背後にそういった問題が隠れていることが少なくありません。

妊婦さんの飲食で摂取を留意するものたち!

1、マグロ類、キンメダイ(特に身近なものを2種類挙げました)

2、生卵

3、生肉、生魚、二枚貝

(それぞれ火が通ってないもの)

(加熱が不十分なもの)

4、ハーブ、香辛料

5、アロエの皮など便通を良くするもの

6、昆布類(ダシ含)、海藻類、昆布エキスなど

7、ナチュラルチーズ

8、うなぎ、あゆ、レバー、ホタルイカ(!)

9、コーヒー、エナジードリンク含む栄養ドリンク、お酒

10、冷たい物、身体を冷やす作用があるもの

 

こんなにありました・・・

 

芸能人の佐々木希さんが

 

ローストビーフを食べて

 

話題になりました。

 

いま世の中は

 

間違い探しに躍起になっています。

 

みんな正しく生きたいから

 

間違ったことが大嫌いで

 

怖い世の中になりつつあります。

 

それはさておき

 

上記のそれぞれを簡単に解説していきます。

 

基本的に

 

生活に偏りがあると

 

問題が起こる可能性がありますが

 

つわりの時など

 

食べれるものが限られる場合には

 

上記を参考とされると

 

よろしいかと思います。

 

1、マグロ類、キンメダイ

 

マグロはカジキマグロも含みます。

 

理由は

 

水銀の為です。

 

週に1~2回とするとよいと思います。

 

2、生卵

 

サルモネラ菌に感染する恐れがあります。

 

手洗いを励行しましょう!

 

3、生肉、生魚、二枚貝

 

生肉は、トキソプラズマ

E型肝炎

 

こちらは寄生虫です。

 

生魚は、

A型肝炎

腸炎ビブリオ

アニキサス

O-157(腸管出血性大腸菌

など

いっぱいあります(;^ω^)

最近や寄生虫が順不同に混ざっています。

 

二枚貝

ノロウィルスが代表的なものです。

 

4、ハーブ、香辛料

子宮を収縮させる可能性があるためです。

 

タイム

セージ

バジル

ナツメグ

パセリ(!)

ウコン(ターメリック

シナモン(!)

 

カプチーノも控えないとですね!

 

まぁそんなに目くじらを立てる

 

必要はないと思いますが

 

そんなことよりも

 

フラペチーノなどの

 

冷たい冷たいものは

 

摂らない方がいいですね。

 

それは次の5番目に関係があります。

 

5、アロエなど便通を良くするもの

 

アロエ(皮)

センナ(飲んではいけないもの)

 

もっとも注意が必要なのは

 

妊娠前から便秘の方です。

 

便秘薬によっては

 

子宮を収縮させるので

 

流産の可能性が高まります。

 

また、便通は身体において

 

下外向きのチカラ方向になりますので

 

流産と同じ方向のチカラ方向になるためです。

 

冷やすと

 

下痢をしますが

 

冷やしすぎも

 

流産の危険が高まります。

(一部の下剤は下痢をさせるものもあります)

 

6、昆布類(ダシ含)、海藻類、昆布エキスなど

 

これはヨウ素の問題です。

 

摂取しすぎると

 

胎児の甲状腺機能が低下することが

 

わかっています。

 

計算してみると

 

摂取できるのは本当にちょっとです。

 

ですから

 

ダシは昆布からカツオ系に変えたり

 

する工夫が必要かと思います。

 

7、ナチュラルチーズ

 

リステリア菌の影響があるためです。

 

リステリア菌

 

聞いたことがある方も多いと思います。

 

そうです、先日オーストラリアのメロンで

 

話題になりましたね。

 

30人以上の方が無くなりました。

 

症状は

 

発熱

筋肉痛

腸炎様症状

 

が出現します。

 

妊婦や高齢者は感染しやすく

 

重症化しやすいので

 

注意が必要です。

 

8、うなぎ、あゆ、レバー、ホタルイカ(!)

 

鉄不足でレバーは結構摂っているかたも

 

多いかと思います。

 

ビタミンAの過剰摂取で

 

催奇形性があるとされます。

 

9、コーヒー、エナジードリンク含む栄養ドリンク、お酒

 

カフェインは

血管を収縮させる作用があるので

 

胎児へ十分な栄養が行かなくなる可能性があります。

 

また、妊娠後期に肝機能が低下した場合には

 

高血圧になったりします。

 

また、伝統医学的には

 

カフェインは冷えますので

 

それだけで十分な理由かもしれませんね。

 

アイスコーヒー、エナジードリンク

 

カフェインも多く含まれています。

 

お酒は言わずもがなですが

 

妊娠前から

 

依存傾向にあった場合には

 

注意が必要です。

 

妊娠中は不安も増大しますので

 

お酒を飲みたいと感じる場合も

 

多いかもしれません。

 

そんなときは

 

なにか他のことで

 

気持ちを紛らわせましょう。

 

お酒以外の

 

癒しを見つけるのです。

 

10、冷たい物、身体を冷やす作用があるもの

 

単純に骨盤内の血流が悪くなるのと

 

冷やすことは

 

さっきの下剤のところでも書きましたが

 

下向きのエネルギー方向になるからです。

 

結構ながくなってしまいましたが

 

これでも

 

割愛した内容です。

 

続きは

 

気になる部分を

 

調べてみてください!

 

あ、そうそう

 

お灸は

 

いろいろな妊娠中のトラブルに

 

有効です!

 

ぜひご近所の鍼灸院にご相談を!!

 

関内・馬車道のりゅうはい堂鍼灸