特殊鍼灸専門鍼灸師・アダルトチルドレン、共依存カウンセラー 山下伸一郎のブログ!

りゅうはい堂鍼灸院の侑慶(ゆうけい)と申します。アダルトチルドレン(以下AC)とは、アメリカで生まれた言葉で依存症の方がいる家庭(機能不全家族)で育った方のことを指します。日本では依存症の方が身近にいなくても親や兄弟、世間体などの影響からACになります。自分らしくというより周りに合わせて生きることで自由が奪われその結果肉体に症状が現れることがあります。鍼灸院である当院には肩こり腰痛でお越しになっても、背後にそういった問題が隠れていることが少なくありません。

〇〇とハサミは使いよう。使い方を学ぼうぜ、何かがきっとおかしいのだよ。

つい

クレーマー」で検索したら

おもしろい内容が

出てきました。

 

それが創作なのか

実話なのかは

わかりませんが

 

「本当に居そう」で

怖いです。

 

当院も例外なく

「ありえないわ〜」という

方に出会うことがあります。

 

出会うっていうか

勝手に来る。

 

「ありえない」というのは

私の価値観や

治療院のキャパシティから

「外れた」ことや人を指します。

文字通り

「有り得ない」起こっては

ならないのです。

私達の価値観の中ではですね。

 

その方たちにも

その方たちの

「独自の価値観、考え」が

あるわけなんです。

 

その

独自の価値観は

私達や当院とは

かけ離れているので

多くの患者さんと

「違った」ユニークな

行動をしてくれます。

 

もっとも

行動などは

皆さん異なりますが

「当院のキャパ」の中だったら

なんでも良いわけです。

 

が、

ユニークすぎる方に関しては

はっきり言って

「困る」わけです。

 

ところで

身体にはルールがありますね。

 

アイスを10個食べれば

多分下痢をします

ピノ10箱か

ピノ10粒かの議論は

今回はしません)

 

それが身体のルールです。

嘘か本当か

わかりませんが

「(眼の前の食品を)

食べたらなくなった!」

(入れ物が空になった)

というクレームがあったそうです。

 

そりゃなくなるわな・・笑

 

「アイスをいっぱい食べたら

お腹が痛くなった!

どうしてくれる!」

 

↑こんなクレームもあるそうです。

 

私の価値観では

考えられないし

身近にこういう人は

いないと思います

(いないと信じたいだけかも)

 

こういう類の

ユニークな思考の持ち主は

「身体のルール」にも

合わせられません。

 

身体のルールに合わせる

ということは

自然のルールに合わせる

相手の言ったことを理解する

ということは

身体の反応を理解する

最終的には

身体を労る(いたわる)

 

なんてことができないから

病気なのです。

できないことが病気とも

言えます。

 

そして

鍼灸院では

「症状が変わらないぞ!

ヤブ鍼灸師!」

(言われたことはありません)

なんて

「自分以外のせいにする」

 

クレームも

そうですよね。

 

「お前の会社が悪い!」

「態度が悪い」

「商品が悪い」

「この身体が悪い!」

 

誰かのせいです。

自分のしたことは

棚に上げて。

 

一番可愛そうなのは

その方です。

そういう思考しかできなくて

もったいないなぁと。

まぁもっと原始的に言うと

「〇〇だなぁ」と

心の奥底では

バカにしてしまうときもあります。

 

またその方の身体も

健気に毎日生きています。

なにも文句を言わずに

もくもくと

働いています。

 

ほんで

当院は病気の方が

集まる場所です。

 

逆から言うと

症状がある方は

下記におおまかに

分類できます。

 

身体の使い方を

1,知らない人

(伝えればわかる人)

(最初は知らなくていいのです)

 

2,言っても理解できない人

(何度も同じことを伝えるけど)

(伝え方を変化させてやっとわかる場合もあり)

(ユニーク度合いに比例して〇〇〇くさい)

 

3,忘れる人

(あたまがいつもパンパン)

(健康より大切な事がある)

 

4,知りたくない人

(病気でいたい)

(病気でいないと他者と関われない)

 

そんな方がお越しになります。

 

当院では

ネット予約をお願いしています。

これにはエピソードがあって

電話で予約を取る方で

3回位時間を間違えてお越しになった

事があって

「いい加減にして!」と怒られたのです。

 

でもね

通話の内容を聞いてみると

(一応録音させてもらっています)

その3回においては

私のミスではなかったのです。

(私がミスったこともそりゃあります)

 

水掛け論で

関係が終わってしまうのは嫌だし

なんとかネットで予約してくれ!と

お願いしたのです。

 

そうしたら

「やりかたがわからない」

「このシステムは欠陥だ」

「予約が取れているか不安」とか

 

いろいろ言うわけですわ。

ユニークだなぁと。

 

他の方ができていることを

自分ができていないときに

なぜ自分の行動を疑えないのか。

そここそが病気なわけです。

 

身体のルールも

そういう方は理解出来ないし

症状は「改善しない」

残念だけど

「なにをどうしても

改善しない」

 

だって

自分が気がつくしか

ないのですから。

 

私の持論では

(高齢者の方などをのぞき)

ネット予約を理解できない方は

「いつまでも病気」です。

 

どうか

省みてほしいです。

なぜあなたに症状があるのか。

なぜ

「予約サイトにログイン出来ないのか」

 

やり方がわるいからです(^o^)

やり方をどうか学びにいらしてください。

これからの時代は

〇〇は病気になる時代です。

多くの方が健康で

楽しく笑顔で過ごせますように