特殊鍼灸専門鍼灸師・アダルトチルドレン、共依存カウンセラー 山下伸一郎のブログ!

りゅうはい堂鍼灸院の侑慶(ゆうけい)と申します。アダルトチルドレン(以下AC)とは、アメリカで生まれた言葉で依存症の方がいる家庭(機能不全家族)で育った方のことを指します。日本では依存症の方が身近にいなくても親や兄弟、世間体などの影響からACになります。自分らしくというより周りに合わせて生きることで自由が奪われその結果肉体に症状が現れることがあります。鍼灸院である当院には肩こり腰痛でお越しになっても、背後にそういった問題が隠れていることが少なくありません。

39度の!とろけそうな日! 顔を真赤にしてあるくOLさんを見て思うこと

かわいい♡

とは思いませんが

おかしいのです。なにかが。

 

ところで

毎日おあつうございますが

生きていらっしゃいますか。

 

外を歩いた際に

汗をダラダラとかいてませんか?

ダラダラと。

 

そう

実はそれこそが異常なのです。

 

もちろん

この炎天下で筋肉が動けば

熱を生じますので汗が出ます。

じわーっと。

 

それは通常のことですね。

どのくらいの量が異常かはちょっと

置いておいて

 

ドバドバ

ダラダラ止まらずと出てしまうこと

これは異常です。

後に続きます。

 

熱中症の方が増えていますね。

そのことをちょっと

書かせてもらいます。

 

涼しい室内で仕事をしている

私がつらつらと書いていいのか

わかりませんが(;^ω^)

 

とは言っても

当院の暑さをご存知の方も

いらっしゃるかと思います。

とある部屋は

35℃、冷房の入った

室内がですよ?

エレベーターホールは

外よりも暑いです

 

話は戻りまして

www.netsuzero.jp

 

ぜひ見てみてください。

症状がまとめて書いてありますが

共通点にお気づきでしょうか?

 

肉体のある部分に

症状が集中しています。

 

答えは

身体上部に熱が登(上)っています。

 

上部とは

頭、皮膚、消化器系の逆流など

 

頭痛、めまい

 

皮膚

(皮膚は骨と比べれば

上にある)

体温が高い

汗が多い

皮膚の乾燥

(熱が多ければ

乾燥する)

 

消化器系の逆流

(消化器系は

通常クチから肛門まで

一方通行)

吐き気(上に向かう動き)

食欲不振(下に降りない)

だるさ(胃腸の冷えなど)

 

これらが熱中症の症状の一部ですが

伝統医学的にみて

すべて熱が上に登った症状です。

 

でもでも

肉体にはあらかじめ機能が

備わっています。

熱が上に上がったとき

下げる機能が2つ大きくあります

 

それは

呼吸器系と

消化器系です。

 

特に

消化器系が冷えていると

下向きの動きが

少なくなりますので

過度な

冷たい

水分補給は

逆効果!と

100%の自信をもって

言えます。

 

以前に某横浜の

国立大学と

ポカリスエットの会社が

共同の実験で

水分補給の最も

吸収が早くなるのは10℃ちょっと

と発表しました。たしか。

 

10℃ちょっとは

冷たすぎます。

 

胃腸が冷えてしまいます。

ただでさえ

飲む量が増えれば

胃腸は冷えるのにです。

 

最初に話が

もどりまして

顔が赤いOLさんは

まさにその症状なわけです。

 

冷たい水分を

摂りすぎています。

 

胃腸が冷えているから

顔が赤くなります。

それは下(深部)が冷たいから

上部が暑く(熱く)なります。

 

お風呂の湯船追い炊き理論ですね。

お風呂の湯船を追い炊きした際に

深部がぬるいことはありませんか?

これまでの臨床経験で

「そんなの感じたことない!」

といった方は一人だけです(笑)

(深夜1時に治療院に電話をしてくる

ユニークな方でした(笑))

 

下が冷えていれば

上が熱くなります。

 

上が熱いと

熱中症の症状に

挙げられているような

症状が出ます。

 

ですから

水分補給も

気を付けてください。

 

冷たい飲み物が

飲みたいときは

キンキンに冷えた水で

「うがい」してください!

 

飲む飲み物は

体温以上で

お願いいたします!

 

OLさんに

声をかけてしまおうかな

(笑)

(おまわりさんこのひとです!)