特殊鍼灸専門鍼灸師・アダルトチルドレン、共依存カウンセラー 山下伸一郎のブログ!

りゅうはい堂鍼灸院の侑慶(ゆうけい)と申します。アダルトチルドレン(以下AC)とは、アメリカで生まれた言葉で依存症の方がいる家庭(機能不全家族)で育った方のことを指します。日本では依存症の方が身近にいなくても親や兄弟、世間体などの影響からACになります。自分らしくというより周りに合わせて生きることで自由が奪われその結果肉体に症状が現れることがあります。鍼灸院である当院には肩こり腰痛でお越しになっても、背後にそういった問題が隠れていることが少なくありません。

わたし、会長に就任しました。

会長といっても

『キャバクラ被害者の会』という

会の会長なんですけどね

 

f:id:ryuhaido:20180815230820j:image

 

こんなポロシャツもあります。

お腹が出っ張っているので

いびつな形になっていますが

すみません(;´・ω・)

 

ちなみに

電話番号は

存在しません(笑)

 

という私は

キャバクラに行ったことが

ありません(笑)

 

というのは

嘘ですが

こうやって

行ったことないんですよね~

とか言うと

本気にする方がいるので

ネタとしてたまに使っています。

 

さて

キャバクラ被害者?

ぼったくりでも

合ったんですか?

 

いやいや

違います。

私が世間に強く言いたいのは

『男心を

うまくつかって

くれるな!』

ということなんです。

 

みなさん

キャバクラって

知っていますか?

クラブは?

ニュークラブは?

キャバレーは?

 

ふふふ

私はすべて知っていますよ

なんせ

会長ですからね。

 

クラブ

時間の制限がとくにない

女性が横に座ってくれて

お酒を楽しむところ

 

ニュークラブ

時間制のところ

 

キャバレー

ショーがあるところ

 

ざっくりですが

こうなっております。

(諸説あります)

 

さて

男心とは

どんなものでしょうか?

 

大したものではありません。

それは男性が

一番よくわかっていると

思います。

 

簡単にいうと

『モテたい!』

ということなんです。

 

生物学的に言うと

(合っているか

わかりませんが(;´・ω・))

 

子孫を残してナンボ

ということになります。

 

ということは

オスは

メスにモテないと

いけません。

 

これは

自然の摂理です。

 

人間界の

繁栄の為に

そういった欲

日夜努力しているわけ

なんです。

 

そういった

努力を踏みにじるかの

ような

キャバクラという

システムに

泣かされた男性諸君の

為のグループが

キャバクラ被害者の会という

わけなのです。

 

そういうと

こういった声が聞こえてきます

『キャバクラに騙される

オトコが悪い!』

 

果たしてそうでしょうか。

 

彼女たちは

言葉巧みに

来店させようと

してきます。

 

女性から

しかも

セクスィードレスの

女性から

LINEが来たら

うれしいじゃないですか。

 

何度か

やり取りさせてもらったら

『タダじゃ申し訳ないな・・』

という気持ちに(私は)なりますから

そこで

来店してしまうわけです!

 

なんということでしょう・・・

北斗の拳

勝手に自爆した敵のように

勝手に

来店してしまうなんて・・・

なんて恐ろしいシステムなのでしょう・・

 

そうです

私も騙されたのです。

 

『なんか好きかも・・』

なんて

言われてみなさい!

それ

有料ですから!

 

でもね

皆さん

これはまだ良い方なんです。

 

稲川淳二さん風に)

『いや私の友人の

話なんですがね・・』

 

なんとキャバ嬢と

付き合っている男性がいるというでは

ありませんか・・・

うらやましい

 

なんということでしょう・・・

『お店でしか

会ったことが無い』

とおっしゃるでは

ありませんか・・・

 

なんということでしょう!

こんな極悪非道な

男心をだます

卑劣な

非人道的な

姑息な

失礼な

ずるがしこい

あくどい

トッポイ

賢しらな

(さかしらな)

狡猾な

狡い(こすい)

こんな手口が

あるのでしょうか!!!!

 

そんな方々の

為の会が

この被害者の会です!

 

まぁ

ここまで書いておいて

なんですが

遊びの会です(笑)

 

当院の患者様でも

キャバ嬢の方は

いらっしゃいます。

本当に皆さま素晴らしい方々で

いつも

鍼を多めに響かせてしまいます(笑)

 

というのは

冗談ですが

今後にご期待ください!