特殊鍼灸専門鍼灸師・アダルトチルドレン、共依存カウンセラー 山下伸一郎のブログ!

りゅうはい堂鍼灸院の侑慶(ゆうけい)と申します。アダルトチルドレン(以下AC)とは、アメリカで生まれた言葉で依存症の方がいる家庭(機能不全家族)で育った方のことを指します。日本では依存症の方が身近にいなくても親や兄弟、世間体などの影響からACになります。自分らしくというより周りに合わせて生きることで自由が奪われその結果肉体に症状が現れることがあります。鍼灸院である当院には肩こり腰痛でお越しになっても、背後にそういった問題が隠れていることが少なくありません。

この時期はお腹に灸頭鍼(読めますか?)

要約すると

『急に寒くなり身体が付いていかない』

『寒さに対応するため腰回りが弱くなる』

丹田を助けるために灸頭鍼をする』

f:id:ryuhaido:20180919102639j:plain

 

灸頭鍼(きゅうとうしん)

 

鍼の頭にお灸があるから灸頭鍼

と言います。

 

お腹にやらせてもらうときは

下腹部に一個だけです。

ただし、体質により

不可の方もいらっしゃるので

注意が必要です。

 

灸頭鍼で検索すると

どこか北の方の鍼灸師さんが

『たまにお灸が落ちる』と書いていますが

それはその方がヘタなだけです。

 

そのブログに乗っている

灸頭鍼の形を見ると

『学生よりヘタ』です。

 

どうか安心して受けていただきたいです。

それにしても怖いです。

そのヘタなやつが全てだと思ってしまう思考。

もっとうまい人がいるって気がつかないかな。

その情報を見た患者さんが一番迷惑だと思います。

私ももっと精進しないといけませんね。

 

余談ですが、名人とかベテランの先生の鍼は

はっきり言って雑に感じることが多いです。

それは

うまく刺すかどうかというより

どう効かせるかに主眼があるためだと思います。

 

まぁどちらにしても痛くない方がいいですね(;^ω^)

 

ところで

急に寒くなりましたね。

 

寒くなるとどうしますか?

そう、暖房を入れますよね。

室温を保つために。

 

身体は体温がいつも一定です。

(症状がないとき)

一定に保つために

24時間保温機能がついている

お風呂みたいに働いています。

 

一定に保つということは

放っておけば冷めてきてしまうので

常に

追い炊きをしているような状態だと

考えることができます。

 

追い炊きをすれば

光熱費がかかります。

 

この場合の

光熱費は

お金で払うわけではありませんので

命を削るわけですね。

エネルギーを使うのです。

 

そのエネルギーのありかが

丹田(たんでん)という下腹部の

倉庫にあるわけです。

 

その倉庫が空になれば

命が終わります。

 

それくらい大切な場所なのです。

 

今年の夏は暑かったから

身体は疲れています。

 

秋は秋で

急に寒くなったり

台風が来たりして

身体は忙しいです。

 

そんな時には

症状を感じる方が増えます。

特に腰回りの症状で

お越しになる方が多いです。

 

ほんで

灸頭鍼を

丹田にしますと

お腹の表面ではなくて

だんだんとお腹の奥の方が

温かくなってきます。

 

患者さんによっては

腰の方まで温かくなってきたと

感じる方もいらっしゃいます。

 

お腹を温めるだけで

首肩が楽になる方もいます。

 

これは熱が

刺さっている鍼を伝うのではありません。

だって

鍼の刺さっている部分を触っても温かくないし

鍼の先まで温かくなるなんて

そんなことは起こりません。

 

あくまで

奥まで熱が届いたということ。

それだけなんです。

 

この時期に丹田を助けておくと

良いことが待っていると

私は思いますね~!