特殊鍼灸専門鍼灸師・アダルトチルドレン、共依存カウンセラー 山下伸一郎のブログ!

りゅうはい堂鍼灸院の侑慶(ゆうけい)と申します。アダルトチルドレン(以下AC)とは、アメリカで生まれた言葉で依存症の方がいる家庭(機能不全家族)で育った方のことを指します。日本では依存症の方が身近にいなくても親や兄弟、世間体などの影響からACになります。自分らしくというより周りに合わせて生きることで自由が奪われその結果肉体に症状が現れることがあります。鍼灸院である当院には肩こり腰痛でお越しになっても、背後にそういった問題が隠れていることが少なくありません。

治療後の注意事項とは?

要約すると

『身体に負担がかかることはやめた方がいい』

『負担とは自分が思うことじゃなく身体の仕事』

『小さな親切大きなお世話にならないように』

 

治療後になんとなく

ほわ~んとした

だるいような

つかれたような感じが

起こるかと思います。

 

これは鍼灸治療によって

身体が変化している時です。

刺さる鍼とお灸(やけどをするもの)は

身体の変化として大きくなります。

理由は

治療によってできた

微細な傷を治すからです。

 

ケガをしたときに

なんとなくだるかったり

疲れたり

すごく眠いという経験は

ありませんか?

 

私などは交通事故で骨折をしたときなどは

痛みはあるもののグーグーと寝ていたのを

おぼえています。

また風邪などの病み上がりは

眠気もおおくありませんか?

それこそが

治癒モードです。

 

身体が身体の為に動いているので

非常に重要なモードとなります。

 

この時にやらない方がいいこと

とは

身体の機能を使うことです。

 

汗(入浴含む)

排尿(水分摂り過ぎ)

消化(食事、飲酒)

疲労すること(すでに鍼灸で疲れている)

運動(発汗、エネルギー消費)

性行為(疲れる)

冷やす行為(飲み物や外気)

 

ちょうどご質問がありました

『以前にマッサージに行ったときに

施術後に水を多く飲みなさいと言われましたが

鍼の後もそうなのでしょうか?』

 

私はこう答えました

『飲む必要はありません。

むしろ飲まないでください。

喉が渇いたらうがいをしてください』

 

飲めば飲むほど

身体はそれを濾過し

排出しないといけません。

飲み過ぎると

おしっこの色はどうなりますか?

薄くなりますよね。

薄いときは

冷えている時です。

冷えていれば

身体は体温を維持するために

追い炊きをしますから

追い炊き分の光熱費が余分にかかることになります。

 

よかれと思って

行ったことが相手にとっては

負担だったりすることがあります。

いくらえらい医者が言ったからと言っても

あなたの身体のことではなく一般論として言っています。

どういう行動が良いのかと言われれば

その時に判断する豊富尾が一つだけあります。

それはあなたの身体に聴いてみることです。

 

おしっこの色や

汗の書き具合

身体のバランスです。

 

身体のバランスで起こっていることが

あなたの行動に対する答えです。

あなたのせいで

身体が困りませんように

どうぞご注意ください。