特殊鍼灸専門鍼灸師・アダルトチルドレン、共依存カウンセラー 山下伸一郎のブログ!

りゅうはい堂鍼灸院の侑慶(ゆうけい)と申します。アダルトチルドレン(以下AC)とは、アメリカで生まれた言葉で依存症の方がいる家庭(機能不全家族)で育った方のことを指します。日本では依存症の方が身近にいなくても親や兄弟、世間体などの影響からACになります。自分らしくというより周りに合わせて生きることで自由が奪われその結果肉体に症状が現れることがあります。鍼灸院である当院には肩こり腰痛でお越しになっても、背後にそういった問題が隠れていることが少なくありません。

新手の詐欺かな?その1

要約すると

『お電話で住所を教えろと言われる』

『電話番号がわかっているなら住所もわかるのでは? 』

『怪しい物ではないと言うけど。。。』

 

治療院には

様々な電話がかかってきます。

今日はこれまでにない珍しいタイプの電話が

ありましたので誰かの役に立つかもしれません?

から記録がてら書いてみます。

というか半分以上が愚痴です

 

電話が鳴り出てみると

開口一番

『そちらの住所を教えてくれ』と

男性が言いました。

 

私は

『電話番号はどのようにして

知ったのですか?』と聞きました。

 

すると『youtubeで見た』と言います。

 

確かにネットに動画はアップしてるけど・・

ていうか

ネットつながるならホームページ見たら

googlemap

も見れるしなぁ・・・うーん

 

男性は続けます

『ネットにつながらないんだ』と言います。

『家が近いからそちらで治療を受けたい』とも。

 

ネットにつながらないのに

なぜyoutubeは見れるのか・・・

 

うーーーん。

なんなんでしょうね。

 

この時点で男性は

かなり苛立った様子で

『怪しい物ではありません』と

付け加えました。

 

十分怪しいから!(笑)

 

しぶしぶ住所を伝えると

ガチャギリされました。

 

途中の段階でガチャギリしてくれたら

良かったのになぁ。

というか

ネットがつながらないのに

なんでyoutubeは見れて

そして

住所を知りたいって

うーーん。

 

こちらからお断りすればよかった

案件かとも思いました。

 

理由は

80%以上の患者さんは

こちらで想定できる行動をとります。

動線として

こちらも許容できる範囲だし

もちろん患者さんもこちらの意図を

汲んでくれていると思われます。

 

でも

その意図が伝わらない方とか

伝えても理解できない方。

これは非常にストレスフルです。

弱音を吐くわけではありませんし

テングになっているわけでもありませんが

ありがたいことに

毎日多くの患者さんにお越しいただいているので

予定外のことは

非常に疲れるし、困る場合もあります。

 

長くお知り合いの患者さんならいざ知らず

一見さんにかき回されるのは今後のことも考えると

ちょっとご遠慮いただきたいのが本音です。

 

これは経営的には

アウトな考え方なのは

重々承知していますが

やりたくないことは

やりたくない!

 

患者さんにいつも言っている

やりたくないこと無駄なことはやめましょうって。

身体の負担を考えようって

 

でも

とか

だって

とか

普通は

とか

男として

とか

そんな固定観念どうでもいい!

この瞬間にやだ!と思ったことは

とりあえずやらないでいいと思っています。

 

その1があるということは

その2もあります。

それはまた別のお話(*'ω'*)