特殊鍼灸専門鍼灸師・アダルトチルドレン、共依存カウンセラー 山下伸一郎のブログ!

りゅうはい堂鍼灸院の侑慶(ゆうけい)と申します。アダルトチルドレン(以下AC)とは、アメリカで生まれた言葉で依存症の方がいる家庭(機能不全家族)で育った方のことを指します。日本では依存症の方が身近にいなくても親や兄弟、世間体などの影響からACになります。自分らしくというより周りに合わせて生きることで自由が奪われその結果肉体に症状が現れることがあります。鍼灸院である当院には肩こり腰痛でお越しになっても、背後にそういった問題が隠れていることが少なくありません。

どうしたらよかったのかな~

要約すると

・『吸い玉をやってくれるところを

さがしている』と入電

・どこに行ってもよくならない肩こりとのこと

・どの治療が最適なのか施術者に任せてみては

 

よくあるのですが

『患者さんによる治療法の指定』

これはね~

いや

お薬とかで

もう何度も飲んだことがあって

同じ用量用法でなら医師が違っても

いいと思うのですが

 

鍼灸治療って

二度と同じ治療はできないし

Aさんに効果があっても

Bさんには効果はでないのです。

これは腕の問題ではなく

患者さんが違うからなのです。

今日と明日でも違うし

人が違えば言わずもがな。

 

今回のケースは

『吸い玉をやってくれるところを

探している』と。

 

はっきり言って吸い玉は

無免許でもできる施術だし

なんなら中国人がやっている

変な整体にでも行けばできるでしょう。

 

関内の街中を歩いていると

看板とかみたことありませんか?

 

そこにプラッと入ればいい話です。

そんな時間をかけて

『さがす』必要もないでしょう。

まして吸い玉のことなんて

当院のホームページには書いていないのです。

 

そこまでして

『吸い玉』を受けたい理由はなにか?

それは

『症状をどうにかしたいから』に違いありません。

でも

症状をどうにかしたいのは

私たちも一緒です。

患者さんが『これが受けたい!』と言っても

それが効果的な治療でなければどうしたらいいでしょう。

 

経営的には『そのままやる』こともありかもしれません。

やった上で違う治療をご提案してみる。

それもいいでしょう。

どこかの優良企業みたいに

『顧客が思いつきもしない提案』をしてみる

それもいいでしょう。

 

大事なのは

相手がどう思うかです。

 

しかしながら

その施術の責任は施術者に

ありますから

『効果がない』または

『悪化した』ときにどうするかなのです。

患者さんがその責任を負うことになります。

『私の責任で吸い玉をして悪化したとしても

自己責任で施術を受けます』

なんて(;^_^A

 

どこに行っても良くならない

という方に共通するのはたった一つです。

 

『身体を大切にできていない』

これしかありません。

もちろん施術のせいもあると思います。

刺激の量が足りない

刺激の方向性を誤っているとき

施術がフィットしていないとき

これらも原因として挙げることができるでしょう。

 

ただし

その症状を生んでいるのは

その患者さんの生活なので

その生活を変えなければ

またもとに戻ってしまいます。

 

良くならないという言葉の

解釈として

施術後も全く変わらない

のか

施術後は変わるけどまた戻ってしまう

のか

このどちらかの場合が多いです。

 

というか

そもそも

吸い玉でできることなど

たかが知れています。

本当にたかが知れています。

 

昔の人が考えていたのは

皮膚から骨までの深さにおいて

どの層に病があるのか。

それに対して

この道具は

どの層を治療する道具なのか

それでいうと

吸い玉は2、3層目の治療になります。

 

刺絡という方法に吸い玉を使う

皮膚刺絡というものがありますが

そちらは1、2層目がメインになります。

 

というかね

馬鹿にするつもりなど

1ミリもありませんが

素人さんが考えた治療で

よくなるのかということ

なのです。

 

だって知識がある鍼灸師ですら

治療ができない人は

五万といます。

もちろん私にもできないことは

まだまだたくさんあります。

 

吸い玉を試してみたい気持ちもわかるけど

それだったらメルカリで買って

試せばいいですよ。

2000円程度で

吸い玉受け放題ですよ。

 

だれかに施術を頼むってことは

自分の代行をしてもらうのではなく

その人の施術を受けるから

頼むことができるのです。

 

例えば

定食屋さんで

味の指定ができますか?

できませんよね。

そのお店の味がありますよね。

もちろん薄めにとか

濃い目にとかはできるでしょうけども

それを頼むのであれば

自分で作ることですね。

 

もし相手に頼むのであれば

相手の味を信頼したほうがいいともいます。

いつも難癖をつけるお客さんがいたとしたら

その料理人さんは平常心で料理ができるでしょうか。

相手のパフォーマンスを阻害しない配慮も

必要と思います。

 

だからこそ私が常々思うのは

当院にずっと通われている方に対して

『信頼してくれてありがとう』と

いうことです。