特殊鍼灸専門鍼灸師・アダルトチルドレン、共依存カウンセラー 山下伸一郎のブログ!

りゅうはい堂鍼灸院の侑慶(ゆうけい)と申します。アダルトチルドレン(以下AC)とは、アメリカで生まれた言葉で依存症の方がいる家庭(機能不全家族)で育った方のことを指します。日本では依存症の方が身近にいなくても親や兄弟、世間体などの影響からACになります。自分らしくというより周りに合わせて生きることで自由が奪われその結果肉体に症状が現れることがあります。鍼灸院である当院には肩こり腰痛でお越しになっても、背後にそういった問題が隠れていることが少なくありません。

台北で鍼を買うならこの2店さまです!

台北で鍼やお灸の道具または書籍を買うなら

1、大方書局さま

twypage.com

 

2、志遠書局さま

 

www.jycm.com.tw

 

個人的には志遠書局さまの方があオススメ

 

この2店がある

重慶南路一段という大きめの道路は

書局街とも呼ばれています。

ちょうどこの交差点のあたりからがそうです。

f:id:ryuhaido:20181011141418j:image

 

ちょうどこの2店はこの重慶南路一段を挟んで反対側にあります。

大方書局さんは路面店です。

f:id:ryuhaido:20181011141438j:image

f:id:ryuhaido:20181011141435j:image

f:id:ryuhaido:20181011141421j:image

志遠書局さんは地下にあります。

地下に降りると文房具屋さんがありますが

降りたら振り返ると銅人像があるので

わかると思います。

 

 

志遠書局さんがオススメの理由は

品ぞろえが

圧倒的に多いこと。

もちろん私のニーズに対してです。

 

大方さんにしかない道具ももちろんあるので

じっくり見てみると良いと思います。

 

志遠さんは

日本語のメニュー?もあるので

恐れずに日本語で話してみましょう。

10個買うと1個無料になったりします。

f:id:ryuhaido:20181011141424j:image

f:id:ryuhaido:20181011141412j:image

f:id:ryuhaido:20181011141429j:image

 

 

 

今回私が泊まったホテルは

www.booking.com

 

※bokking.comのサイトに飛びますがアフィなどではありません。

 

画像と実際の見た目はちょっと異なりますが

このエリアにはこのリラックスグループ?のホテルが

何個かあります。

 

中はラブホのような妖艶な光に包まれていますが

よく言われるコンドームはありませんでした。

小さい部屋だったけど

寝るだけなら全く問題なし。

シャワーの水圧も良かったし

お湯の温度も高かったです。

ウォシュレットも付いていましたし

ディスポのスリッパもありました。

なにより安かったです。

2泊で15000円くらい

 

台北駅も徒歩圏内だったし

スタッフさんも丁寧でした。

基本英語は必須です。

 

食べ物屋さんも多くあり

コンビニも近かったです。

銀行が多いからか治安もよさそう。